釣り人

釣りをする人を釣り人という言い方があります。釣り人って何だか好きなんです。何となく響きが好きだし、釣り人って優しいイメージがするから好きなんです。釣りする人の総称だと思います。

釣り場に行くと、何とも色々な人がいるのですが、その中に釣り人のマナー問題がある。釣りする場所は先に場所にいる人の隣とかに入る場合は、一言挨拶するのが普通である。ここいいですか?と聞き相手の反応をみる。しかし、例えば自分のポイントからすごく離れている場合にはその言葉はいらないと思う。この前の管理釣り場での出来事である。その管理釣り場は、川をひとつのポイント毎に入れるところで私が釣りをしていた。何だか釣りも飽きてきたので、竿をたたみ休憩所で休んでいた。その場所には私の釣具などを置いたままにしていた。ちょっと忘れ物があったので、釣り場へ戻ると何と私の場所に見知らぬおじさんが釣りをしているではありませんか。これはと思い、「この場所私の場所なんですけど」と言いた。するとおじさんは、空いてるのかと思って。。。などの言葉を言ってきた。私はまだこの場所は時間がまだ私の時間なのでここではやるんじゃないといいました。そして、管理棟のスタッフにあの人が勝手に私の場所で釣りしていましたと告げた。スタッフがあとで注意します。とのことでした。その釣り人のマナーが許せんのです。その釣り人を釣り人とは言いたくない。ルールを守って楽しく釣りしたい。

ピューレパール かゆい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です